不動産売却メニュー|任意売却

  • TOP
  • 不動産売却メニュー|任意売却

伊那市や南箕輪村を中心に不動産売買を行う中央不動産が任意売却について説明します。

不動産売却メニュー|任意売却

「住宅ローンの支払いが苦しい」「毎月の支払いが滞りがち」「リストラにあってしまった」・・・など、住宅ローンでお悩みの方、競売ではなく任意売却という方法によって、問題を解決できる可能性があります。

こちらでは、伊那市や南箕輪村を中心に不動産売買を行っている中央不動産が、任意売却という不動産の処分方法についてご説明します。手遅れになって不動産が競売にかけられてしまう前に、早めに当社へご相談ください

住宅ローンでお困りの方へ、任意売却という方法があります

「毎月のローンの支払いが苦しくなってきた」
「ローンや税金を滞納してしまった」
「競売の通知が裁判所から届いてしまった」
「競売になってしまうと、まわりに知られてしまう」

など、何らかの事情でローンの返済が苦しくなってしまうことは少なくありません。この状況を放置していると、最終的には、大切な不動産が競売にかけられてしまう恐れも。こうした悩みに対処できる解決方法が任意売却です。

新たな生活へのリスタート、「任意売却」

新たな生活へのリスタート、「任意売却」

住宅ローンなどを利用して購入した不動産には、銀行などの金融機関によって抵当権が設定されています。ローンの返済の滞納が続くと、金融機関は抵当権にしたがって、不動産を競売にかけて、債務を回収しようとします。

新たな生活へのリスタート、「任意売却」

しかしここで問題になるのが、競売による売却額です。競売では所有者の意志が反映される余地はなく、市場価格よりも相当に低い価格で売りに出されてしまいます。競売で落札されてしまうと取り戻すことはできず、即刻退去するしかありません。

こうした状況を回避する方法のひとつが任意売却です。これは、物件が競売にかけられる前に、不動産会社が所有者と金融機関の間にはいって、できるだけ有利な条件で売却を進める方法です。

競売と任意売却の違い

任意売却には競売に比べて、次のようなメリットがあります。ただし、任意売却を利用できる期間には制限がありますので、そのタイミングをのがさないようにしましょう。手遅れにならないように、早めに当社へご相談ください。

違い 競売 任意売却
売却価格 売却基準価格は裁判所に決められてしまうため、市場価格よりも低くなってしまいます。 一般市場での売却を進めるため、市場相場に近い値段で有利に売却できます。
ローンの残債 売却価格が安いため、競売後も多額のローンが残ってしまう可能性が高いです。 競売より高く売却できることが多いので、残債を大幅に減らすことが期待できます。
返済方法 残債の返済方法の交渉はできません。競売後も厳しい支払いが続いてしまいます。 金融機関との交渉によって、無理のない返済方法への変更が認められる場合があります。
プライバシーの保護 競売情報は新聞などに掲載されるため、まわりの人に知られてしまいます。 まわりの人に知られないようにプライバシーを守りながら、売却を進めることができます。
立ち退き 落札者の都合によって、強制的に立ち退きを求められる場合があります。 強制的に立ち退きを求められることはありません。交渉次第では退去日の設定変更が可能です。
引っ越し 競売によって得られた代金はすべて返済に使われるため、引っ越し費用などを残すことはできません。 債権者との交渉次第では、引っ越し費用をねん出できる可能性があります。
今後の生活 競売後も苦しい生活が続いてしまうので、今後の生活の見通しが立てられません。 新たな生活に向けての準備金を用意することができ、生活再建のめどを立てることができます。
任意売却できる期間

任意売却はローンにお困りの方にとって有利な売却方法ですが、いつでも選択できる手段ではありません。競売が開始され落札されてしまうと、任意売却はできなくなってしまいます。手遅れになってしまう前に、早めにご相談ください。

任意売却の可否 滞納の時期 状況
任意売却可能です 滞納前 リストラや病気などでローンの支払いが厳しくなってきました。早めに相談することが必要です。
滞納1~3ヶ月 ローン滞納により金融機関から督促状が届きはじめます。何もしないと競売にかけられてしまいます。
滞納4ヶ月 裁判所から競売の通知が届きます。4~5ヶ月後には競売にかけられてしまいます。急いでご相談ください。
滞納5ヶ月 裁判所から執行官が物件調査に訪れます。任意売却が難しくなってきましたが、ぎりぎり間に合うかもしれません。すぐにご相談ください。
任意売却は行えません それ以降 競売が開始されます。落札されてしまうと、入札者に所有権が移動してしまいます。こうなってしまう前に、ご相談ください。
離婚と不動産の売却について

離婚と不動産の売却について

何らかの事情で離婚となる場合に、財産分与という問題が発生します。共有財産が現金や預貯金などだけであれば、それほど問題にならないのですが、結婚後に購入された不動産など、物理的に分けられない財産の分割は少し面倒になります。

そこで不動産を分ける場合には、売却し現金化してから対応することが一般的です。そして、その際に忘れてはならないのは、住宅ローンの扱いです。すでにローンを完済していればよいのですが、残債がある場合、不動産の時価と残債との差額がポイントになります。

もっとも大変なのが、不動産の時価よりも残債のほうが多く残っている「オーバーローン」の場合です。オーバーローンというのは、家を売り払っても住宅ローンを完済できないということ。離婚後も元夫婦で、あるいはそのどちらかが払い続けなければなりません。

離婚と不動産の売却について

こうなると、離婚後もふたりの間で支払いがもめることになり、結果的に住宅ローンの支払いが滞り、「競売」となってしまうことも。そこで、競売を避けるためにとられるのが、「任意売却」という解決方法です。

離婚時の不動産の売却方法はご夫婦の状況によって、ケースバイケースになります。中央不動産では、おふたりの状況をしっかりおうかがいして、よりよい売却のご提案に努めております。任意売却には期限もありますので、ぜひともお早めにご相談ください。

不動産売却メニュー